「シン・ランペイジ 巨獣大決戦」 感想 ワシが出ねえ

概要

原題:巨鰐島/Crocodile Island

製作:2020年中国

発売:AMGエンタテイメント

監督:シシング・ユエ/サイモン・チョウ

出演:ロー・ガーリョン/ピンイン・リアオ/ビンシャン・ウォン/ウェイ・ダン


旅客機がバードストライクで飛行不能に陥り、無人島に不時着。生き残った乗客はその場で助けを待とうとするが、その島は放射性物質で巨大化したワニやクモがうろつく巨獣の島であった。


予告編

感想






見ての通り「ランペイジ 巨獣大乱闘」のパチモンですが、あまりにもジャケの出来が良すぎるため普通に続編と勘違いする人が続出しそうな罪深い中国産モンスターパニック。これで中身の出来も良ければまだ救いがあるものの、これは先日観た「ジュラシック・アイランド」とほぼ同じクオリティ。つまりヘボヘボ。無人島でサバイバルってのもほぼ同じようなストーリーだし、ただ恐竜がワニとクモになっただけのような愛のない無個性量産型です。どうでもいいけど中国産モンスターパニックってなぜか「父親と娘の絆」を必ず盛り込んできますね。そのせいで人間ドラマも何もかもパターン化されてて既視感ありまくり。



しかしそれでも、ジャケにデカデカと描かれているワニとクモとワシが暴れて戦って人を襲ってくれればヘボくてもヘボなりに楽しめるのではないか。我々B級モンスター映画フリークはパチモンだと分かっていても、たとえ何度裏切られようとも、そうやってこの手の詐欺ジャケをあえてレジに持っていく悪しき習性を捨てられない愚かな生き物なんです。


だからある程度想定はしていたものの、それでもこれだけは言わねばなりません。



ワシなんかどこにも出てこないじゃねえか!!

賑やかし程度ならともかくラスボスっぽく鎮座させておいてこれはひどい…

詐欺ジャケを創作るのは大目に見るが、せめて素材を外部から調達するのはやめろ!


まあ、とはいえ、「ランペイジ」に寄せるのであれば「巨獣」は3種類必要になります。ワニとクモなんていう変な取り合わせの2種類だけではかっこいいジャケットが創作れない。だからあと1種類は適当にでっちあげてしまおう!…AMGの連中がそう企んだとしても全く不思議はありません。むしろ、それが自然な流れではないか。事前にそこまで考えが及ばなかった私の負けというほかない。



では、ワニとクモが活躍するモンスターパニックとしての出来はどうか? という点についてですが、これもやっぱり残酷描写を一切見せてくれない中国映画特有の厳しい規制がモンスターパニックの醍醐味をスポイルしてしまっています。やっぱりワニが襲ってくるからには必殺のデスロールで獲物を食いちぎって血と臓物をドバドバまき散らしてくれないと面白くないんです。クモが襲ってくるからには獲物を糸でグルグル巻きにして牙を突き立て、中身をチュウチュウ吸ってくれないと面白くないんです。鋭利な足で刺してくるって…クモはそんなことしないよ。



また、ワニはまだしもクモのCGはショボすぎて気色悪さが全然足りない。足の形がなんか変に反っててクモっぽくないんですよね。私はクモ大好きだけどクモ恐怖症でもあるのでクモの映像を観るだけでもザワザワと肌が粟立つのですが、本作では全くそういう反応も出ませんでした。せっかく久しぶりの新作クモ映画だというのにこれでは喜びも半減です。



あとどうしても突っ込んでおきたいのが、主人公のオッサンが左腕に切り傷を負った後の治療法ですね。「これで傷がふさげるよ!」と娘が持ってきたのは一握りの銃弾。は? 銃弾でどうやって傷をふさぐの? と思ったらなんと銃弾から火薬を抜き出して傷口に振り掛け、火をつけるというあり得ない自傷行為。百歩譲って殺菌のためだったとしても、傷口はふさがるどころかメタメタに酷いことになると思うんですが。中国人の考えることがわからん。



ということで「ワニ」&「クモ」という私の大好物が2つ揃った期待のモンスターパニック映画だったのですが、中国共産党の?理不尽な残酷描写規制のせいで特に何の印象にも残らない駄作になっていました。この素晴らしいジャケットのおかげでレンタルショップではさぞかし高回転することでしょうけども。

コメント