「マザーズ 禁断の秘密」 感想(ネタバレあり) 今年上半期ワーストクラスの駄作

概要

原題:A Birthmother’s Secret

製作:2020年アメリカ

発売:アマゾンプライムビデオ

監督:ジョン・マーロウスキー

出演:ターニャ・クラーク/アリア・プルマン/マシュー・ポールカンプ


養女のタラを女手一つで16歳まで育ててきたエイミー。しかしタラはアレルギー発症を切っ掛けに実の母親グレースを探し出し、勝手に連絡をとってしまう。仕方なくグレースと交流するエイミーだったが、グレースには恐ろしい秘密があった…


予告編がないのでなんか適当な動画

感想




毎度おなじみReelOneのマンネリサスペンステレビムービー。

例によって主人公エイミーはプール付きの豪邸に住んでいるシングルマザーです。どうしてこう毎回同じような境遇の白人キャラクターなのか。どこにも多様性がない。たまにはトレーラーハウスとかに住んでる貧乏人でもいいんじゃないかと思うんですが。



今回は隣人やベビーシッターではなく、養女の実母がイカレた奴だったという話。まあ相手が何者にせよ、結局プール付き豪邸に住んでいるシングルマザーがイカレた奴に陥れられる系サスペンスってことでどれも同じようなもんです。さすがに既視感ありまくりで食傷気味になってきました。



しかも本作はそんなReelOne系でも過去最悪に出来が悪い。何がダメかって登場人物の知能が常識外れに低く、性悪女と馬鹿女たちのドロドロした愛憎劇は不快指数も満点。1時間半が3時間にも4時間にも感じられてしまい、最後まで観るのが本当に苦痛でした。よく耐えきったと自分をほめてやりたい。



エイミーの養女タラはふとしたことで実の母親グレースを探し当てて会ってしまう。だが、実はグレースはサイコな犯罪者で、エイミーを陥れてタラを奪い返そうとし始める。



たったそれだけの話にダラダラと時間をかけまくるので非常にテンポが悪く、見ていて死ぬほど退屈です。血のつながりのない母娘の微妙な関係みたいなのはまあ真面目に描写されているとは思いますが、非常にテンプレ的だし、とにかくイライラするだけで別に面白くも何ともない。



タラの実母グレースが危険な女だと見せかけて実はそうではなく本当に危険なのは彼女の双子の妹カリーナだった!というどうでもいい双子入れ替わりトリックを中盤で出してきます。サスペンスで安易な双子は禁じ手だって誰か教えてやってくれよと言いたくなる。それに見た目が同じだからエイミーとタラが騙されるっていう展開は1回しか使えないと思うんですよね。発覚したらもう警戒されて二度と通用しないのが普通でしょう。



それなのに、カリーナの存在が明らかになった後もなぜかエイミーとタラは何の対策もせず無防備にグレースと交流を続けてしまい、まんまと双子入れ替わりに再度引っかかって危険な目に遭わされるというクライマックス。この展開はあまりにもお粗末すぎてあきれ果てます。



凶悪な双子に狙われている状態だってのに、合言葉なりアクセサリーなりで双子の区別がつくようにしておく知能も警戒心もないなんてあり得ない。そんなんで納得する視聴者がいるとでも思っているのか。どうせみんな流し見するから真面目に作ってもしょうがないとでも考えてるんですかね。何にせよ視聴者をペロペロと舐め切ってます。



そんな馬鹿共がハサミひとつでワタワタ取っ組み合ってる格闘シーンなぞあまりにもアホらしすぎてとてもじゃないが真面目に観ていられませんでした。今年上半期ワーストクラスの駄作だったと言っておきます。


コメント