「デッド・カーニバル」 感想 低予算でもここまで出来る!感動的傑作

概要

原題:LASSO
製作:2017年アメリカ
発売:プルーク
監督:エヴァン・セシル
出演:アンドリュー・ジェイコブス/ショーン・パトリック・フラナリー/リンゼイ・モーガン/カレン・グラッスル

ロデオ牧場のカーニバルにやってきたバスツアー観光客の一行。思い思いに祭りを楽しみ帰ろうとすると、突如カウボーイたちが襲ってくる。逃げ遅れたガイドのサイモンは捕らえられてしまう。そこでは、馬用アナボリックステロイドを摂取したサイコ筋肉キラー・カウボーイたちが夜な夜なデッド・カーニバルを繰り広げていたのであった…

予告編




感想


な…なんだこれ! メタクソに面白いじゃないですか!
邦題もジャケもまるでやる気ないし、日本版予告編の配信すらない。
見るからに自主製作臭い安っぽさが漂ってたから全然期待しないで観たけど、これはB級ホラーとしてはハッキリ言って100点満点と言うしかない。個人的にはオスカー像を進呈したい気分です。
半地下の家族?
ジョーカー?
こっちの方が10000倍面白いぜ!



すいません、言いすぎました。
内容としては、いわゆる「田舎に遊びに行ったらサイコキラーに襲われた」系のホラーです。
しかし決してありふれたものではなく、本作ならではの秀逸な点が数えきれないほどあります。

まずロデオ牧場で観光客を呼び込んではなぶり殺して楽しんでいるサイコキラー集団。こいつらがえらくユニークなのです。どんな奴らなのかと言うと、

「馬用のアナボリック・ステロイドを常用して超強化されたマッチョでサイコな殺人カウボーイ軍団」

こんなの字面も絵面も面白すぎます。しかもこんなにも濃いキャラクター属性でありながら、人数もかなり多いからたまりません。質と量と個性を兼ね備えた素晴らしい悪役と言えるでしょう。


普通こういう田舎ホラーでは、被害者グループはせいぜい4~6人と言うのが相場なんですが、本作の場合バスツアー観光客なので10人以上はいます。馬用アナボリックサイコカウボーイ軍団と合わせるとかなりの人数。

これはつまり、それだけ大量の「見せ場」があるということです。しかも、ここでも安易な「質より量」に走らず、一つ一つ丁寧に趣向を凝らしたインパクトの強いスプラッターシーンで楽しませてくれます。奇抜なアイデアと職人芸的な特殊効果が輝いてる。こんなにもサービス精神旺盛な低予算ホラーなどそうはありませんよ!


主人公はアルバイトでバスツアーガイドの手伝いをしに来たサイモンというひ弱な青年です。サイモンと一緒に捕らえられてしまった隻腕のカウボーイ・エニス、干し草積み大会チャンピオン(名前忘れた)などのメンバーが協力しながら馬用アナボリックサイコカウボーイ軍団と闘うのです。

こいつらがまた馬用アナボリックサイコカウボーイ軍団の異常な濃さにも負けない異様な濃度の持ち主で、特に毎度おなじみショーン・パトリック・フラナリー演じるエニスのインパクトが凄まじい。間違いなくフラナリー史上最強にかっこいいフラナリーと言えるでしょう。

なんせ元から隻腕なのに、仲間を助けようとしてさらに片腕を失くしてしまうんです。隻腕のヒーローは別に珍しくないけど、両腕のないヒーローはさすがに初めて見ました。おまけに腹をグリグリ刺されて死体置き場にブン投げられてしまい、さすがにオワリかと思ったらむしろそこからが本番というツワモノぶり。これは映画史に残るスーパーヒーローと言わざるを得ない。

主人公のサイモン君は情けないほど腕力もメンタルも弱っちいチキンな青年なのですが、エニスの壮絶すぎる生き様に影響されて段々成長してきます。ただのアホっぽいスプラッターではなく、このようにしっかりと熱い人間ドラマが盛り込まれているのです。あんなにも頼りなかったサイモン君が、馬用アナボリックステロイドを乱用しまくったウルトラマッシブなサイコカウボーイと激闘を繰り広げるクライマックスは熱い。激アツです。しかも笑える。

まあ私の好みにマッチしすぎてたというのはありますが、それでもこれは名作と言わざるを得ない。低予算は低予算なので期待しすぎは禁物ですが、B級ホラーが好きな人はぜひご覧になるべきかと思います。

コメント

  1. 「2001人の狂宴」と同じような誘い込み系ですね、この手のホラーは私も好きな方なので機会があれば観てみたいと思います。「2001人の狂宴」も割と面白かった記憶があるので未見であれば見てみてください。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      そういえばそれがありましたね!
      私は「2001人の狂宴」のリメイク前の「2000人の狂人」の方だけ見たことがあるんですが、だいぶ前のことなのですっかり忘れてました。
      「2001人~」の方もいずれ観てみようと思います。

      削除

コメントを投稿