「村人」 感想 田舎を捨てて都会に行く奴は許さん

概要

原題:Kreuz des Südens

製作:2015年オーストリア

発売:アマゾンプライムビデオ

監督:バーバラ・エーダー

出演:アンドレアス・ルスト/フランツィスカ・ワイズ/マリア・アーバン


犯罪捜査官のワーシッツは頭部に重傷を負い、ブルゲンラントの村へ帰郷する。あまり歓迎されてるとは言えない中、村長にサーカス公演に招待されるが、ナイフ投げショーで村の有力者に誤爆して死んでしまう事故が発生。ワーシッツはナイフ投げの青年が村人たちに復讐されるのを防ごうとするが…


予告編

感想



オーストリアのサスペンステレビ映画。アマプラ配信。


邦題が「村人」と異常に素っ気なく、ジャケ絵に煽り文句が一言もない。機械翻訳かと思いきや原題は「Kreuz des Südens(南十字星)」なのでなぜこれが「村人」に化けるのか本当にわけがわからない。アマプラは結構こういう味気無さそうな映画もたくさん配信してるんですが、一体だれがこんなのを再生するというのでしょうか。タイトルがシンプルすぎるせいもありますがGoogleやtwitterで検索しても誰一人として話題にしている様子がありません。


…と思ってスルーしてたら、アマプラゴミ映画沼で悶絶している河童ことjetさんに「村人というテレビ映画がだいぶ厳しい戦いでした」と言われたので私も鑑賞してみました。これは普通にオススメされたのかそれとも「一緒に苦しもうぜ」という意味なのか微妙に悩むところですけども…。まあ月も後半に入るとだんだん観る物がなくなってくるので、何かネタをもらえるのはありがたいことです。



内容は、重傷を負った捜査官のワーシッツが故郷の田舎に帰ったら村の因習を匂わせる殺人に気が付いてしまい、調べているうちに自らの身にも危険が及んでくる…みたいなよくある田舎サスペンスです。別に出来が悪いわけではないんだけど、めちゃくちゃ辛気臭くて重苦しくて単調なので観ていてつらい。オーストリアではよくこんな暗いドラマにスポンサーがつくもんだなと。この番組で一体何を宣伝しようというのか。それとも日本やアメリカのテレビ映画やドラマが軽薄すぎるだけなのか…




以下ネタバレ




で、この村で死んだ人は「子供を置いて都会へ出稼ぎに行こうとする奴は許さねえぞ!」ってことで殺されてたみたいです。ウィーンに対するやっかみみたいなものをセリフの端々から感じる。オーストリアの田舎もアメリカに負けず劣らず恐ろしい世界ですな。村の有力者をうっかりナイフで殺したサーカスの青年も表向きは事故だからってことで釈放はされてましたが、村人たちはリンチで処刑する気満々だったし、とても21世紀の文明社会とは思えない。


真相が発覚する場面は、役職を奪われてブチ切れたワーシッツが学校で一人で八つ当たりしてたらたまたま死体を発見したってだけなので今一つ盛り上がらないのですが、真犯人の凶行が明らかになるラストだけはそこそこしびれるものがありましたね。あそこでウィーンに戻って仕事に復帰すると答えていたらワーシッツも殺されていたんでしょうか…


コメント