「リベンジ・ガンショット 非情の追跡者」 感想 パレ版96時間

概要

原題:Traded
製作:2016年アメリカ
発売:竹書房
監督:ティモシー・ウッドワード・Jr
出演:マイケル・パレ/クリス・クリストファーソン/トレイス・アドキンス/トム・サイズモア/マーティン・コーヴ

元ガンマンのクレイは農夫として家族と幸せに暮らしていた。しかし幼い息子を事故で失い、さらに娘が突如失踪してしまう。娘が娼館のオーナーにさらわれ売り飛ばされたと知ったクレイはどこまでも追跡して取り戻そうとするが…

予告編




感想


マイケル・パレ主演の西部劇。
私は西部劇にはあまり興味が無いんですが、パレ主演ということで一応チェックしてみました。
ストーリー的には誘拐されて娼館に売られた娘を救出に行く親父の話なので、パレ版「96時間」と言っていいような内容。時代や場所がどこであろうと同じような映画が作れるもんなんですね。


しかしこのティモシー・ウッドワード・ジュニアなる監督の名前に見覚えがあると思ったらあの駄作「デッド・ウィッシュ」の監督でした。これは全く期待できない。…と思ったけど、本作はまあそこそこ楽しめなくもないクオリティでした。


近年のマイケル・パレと言えば裏切り者役、胡散臭い黒幕役、またはしょうもない小悪党役が魅力的なB級俳優ですが、本作ではまるで全盛期のようにキザでカッコいい中年ガンマン役をやっておられます。まあ全盛期のようにと言ったものの私はあの有名な「ストリート・オブ・ファイヤー」すら見た事がありませんが。そろそろ見た方がいいかな…

「96時間」のリーアム・ニーソンや「ランボー ラストブラッド」のスタローンのように娼館関係者を辿ってさらわれた娘を追跡するマイケル・パレ。しかし、銃の腕は良くても格闘はめちゃくちゃ弱いのが等身大というか情けないというかいまいちかっこよく映りません。

特に、いかにも西部劇っぽく馬から汽車に飛び移ったシーンはそこそこいけてるのですがその直後、貧相な体格の敵に一方的にボコられて打ち捨てられるくだりはひどい。まあそこでうまくいってしまうと映画が終わってしまうので仕方ないけども。そのせいで娼館とは全然関係ないただの変なオッサンに捕まって監禁拘束されてしまうところは引き伸ばし臭くていただけません。

そしていよいよ問題の娼館に辿り付き、ようやく娘を助けたと思ったら今度はケツを撃たれてまた敵に捕まってしまい、腹をネズミに食い破らせる極悪非道な拷問を受けるマイケル・パレ。ここで彼がデベソであるという驚愕の事実が暴露されます。別に知りたくなかったけど。それにしても嫌な部位にばかりダメージを受ける男です。

オチはなんか変なひねりがあるようなないような微妙な雰囲気でしたが、総合的にはまあまあといったところ。パレファンは観ても損はしないんじゃないかと思います。


コメント

  1. 「ストリート・オブ・ファイヤー」は大好きな映画で定期的に観たくなりますw でも、その他のマイケル・パレの映画はほぼ観たことがない・・・「光る眼」は観たかな・・

    機会があれば観てみたいと思います。

    返信削除
    返信
    1. おお、意外な所に「ストリート・オブ・ファイヤー」ファンが…今度見返したら感想記事書いてみてください。
      マイケル・パレはB級映画を観てるとしょっちゅう目にする俳優ですが、見たことないですか? 個人的には「バトル・ドローン」という映画での悪役っぷりが面白かったのでお勧めです。

      削除
  2. マイケル・パレ主演、トム・サイズモア出演ということで、いつかブログで取り上げるのだろうなとワクワクしておりました。硬派すぎてアレかなと思った作品も、岩石さんの手にかかれば面白くレビューされますね。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。硬派は硬派なんですが、尻を撃たれたりデベソをネズミにかじられるパレに笑ってしまいました。にしても、ソレガシさんがこの映画に注目しておられたとは意外ですね。ツイッター見ても誰も言及してないし相当注目度の低い映画かと思ってました。

      削除
    2. レンタルDVDショップでスタッフをしているもので、入荷する映画の情報は一通り目を通しているのです。

      その中でこれは「あっ、岩石さん案件だ」と見た時から確信していたので楽しみにしていました。映画そのものもですが、主にレビューに(笑)

      削除
    3. むむ、ソレガシさんがレンタルショップで働いているのは知ってましたが、まさかそこまで行動を読み切られていたなんて。実はこれパレ主演とはいえひねりの無さそうな西部劇だしスルーしようか迷ってたんですが、確信まで持たれていたとは相当の洞察力ですな。

      削除

コメントを投稿